リフォーム事例 : 滋賀県守山市 K様邸 耐震改修工事

概要

施工の様子

■ポイント
耐震補強工事は、リフォームとあわせて工事をされることをおすすめします。
今回は、エコリフォーム補助金もありましたので、床、壁、天井すべてに断熱材を使用しました。
もちろん窓もペアガラスに変更、オール電化にも変更しました。
屋根も軽くする必要がありますので、桟瓦に変更しました(今までは土あり瓦屋根)。
耐震補強には国からの援助金が出ます。
ご相談していただければ、無料で耐震補強計算をさせていただきます。

■改修前の屋根瓦


工事前の屋根瓦です。

■瓦を解体


瓦を解体中。

瓦を撤去したあとは、粘土が残っています。この上に瓦がのっていました。
この粘土も撤去します。

大屋根の瓦と粘土(土)を取り除きました。
30年前はルーフィング(除湿シート)を使用していませんでした。
桟も竹を使用。

下座も同じく瓦と粘土(土)を取り除いていきます。

野地板の上から、下地材を貼ります。

下地材の上にさらに防湿シートを貼り、水から下地材を守り腐食を防ぎます。


棟の下地材です。
この上に棟瓦を取り付けます。
 

■屋根の完成


大屋根が完成しました。スッキリ、スマートになり、軽くなりました。もちろん雪止め金具も付けました。

下屋根が完成しました。

もちろん雪止め金具も付けました。
 

■浴室、洗面所、トイレの改修


改修前の洗面所です。

改修前のタイル貼りの浴室です。

改修前のトイレです。タイル貼りのため、暖かさに欠けます。便器も古く、洗浄水量を節水するためにエコ便器に変更します。
 

TOTO サザナ“魔法びん浴槽”を使用。さらに、周りの断熱材で冬の寒さを解消!!

トイレはタンクレスで手洗いを付け、将来のことも考慮して手すりを付けて段差も解消しました。明るいトイレに変身しました。周りは断熱材が囲い、冬も安心。

■リビング、キッチンの改修


改修前の玄関です。

廊下から。右側が和室、奥の右側がリビング。

改修前のキッチンです。食器棚が置けないため、動きが悪くなります。

キッチンが狭く、キッチンとリビングの圧迫感を解消します。

既存の普通のリビングを華やかさと癒しの空間にします。
 

ガラス扉の向こうは、リビング、キッチンです。廊下を短くしたぶん、キッチンスペースが広くなりました。

リビングの隣は和室です。もちろん床はフラットにしました。


キッチンとリビングの間の間仕切りを最小限にするため、壁だけでは明るさ・華やかさに欠けるため、奥様の趣味で作られたステンドグラスを使用させていただきました。

リビングからキッチンを眺めると、ステンドグラスがぴったり!!

■耐震補強工事のポイント

筋かい金物下部

筋かい金物上部


柱脚金物

柱頭金物

耐力壁(構造用合板)


耐力壁両面張り(外側)

筋かい新設

天井断熱材

壁断熱材

 
2010年5月4日 颯美建設