リフォーム事例 : 水栓取り替え

概要

担当 古巣

施工の様子

今回は、トイレのタンク内でよく起こるトラブルの修理をしました。
こちらもご自宅でカンタンに取り替えできますので、チャレンジしてみて下さい。

まずは、トイレのタンク内外の部品の名前は、
 (クリックで拡大します。)
こちらの図のように、いろいろな名前がついています。

トイレの水もれ、水が止まらない、水が出ないなどは、
症状によって取り替えする部品が違ってきます。
ご自宅の症状は、どこがどんな風に悪いのかを判断します。

今回は、手洗金具からちょくちょく水が出っぱなしになってしまうとのことでした。
ご訪問させていただき、タンクのふたを開け、水位が正常か、チェック。

続いて、便器の中に水がチョロチョロ出てないかチェック。
調べたところは、今のところはどちらも正常。
しかし、水が出っぱなしになることがある…。

原因は、レバーハンドルです。
レバーハンドルは通常、流すとすぐ元の位置に戻りますが、
戻りませんでした。

そこで、レバーハンドルにつながっている鎖のもつれや、
ボールタップの引っかかりを確認します。
これが原因であれば、レバーハンドルの交換の必要はなく、
もつれなどを直すのみです。

今回は、引っかかりももつれもなかったため、
レバーハンドルの交換をしました。
タンク内の部品も10年くらい以上経つと、
どこかの不具合を起こすケースもたくさんあります。
お施主様のご希望で、排水弁もいっしょに
取り替えすることになりました。

まず、トイレタンク横側の止水栓を止めて、タンク内の水をすべて出します。

※このとき、何年ものあいだ止水栓を回していないと
 固まって動かない場合もあります。
 そんなときは、止水栓のまわりを木づちでコンコンと何度か叩きます。
 鉄サビを落とすためです。
 これを何度かすると、回るときがあります。
 それでもダメなら、強くしすぎると管を壊すので、
 家の外の元栓を止水します。

(1)
タンクのふたを開けて、手洗金具につながっているホースを取ります。ほとんどが、手で回るネジ式です。
(2)
いま付いているレバーハンドルを、モンキーレンチで回して外します。
(3)
新しいレバーハンドルを取り付け、ちゃんと「上」と書いてあるところに合わせれば、簡単に付きます。
そしてまたモンキーレンチで閉めます。
(4)
排水弁を取り外します。
せまーいところに手を入れるのだけが大変ですが、上に上げるだけで取れます。
(5)
新しい排水弁を設置します。これもはめるだけです。
※くさりの長さは、あらかじめ昔の長さと同じに合わせておきます。
(6)
排水弁とレバーハンドルの鎖をつなげます。
ピンクの鎖は「大」の方へ、黒いボールの付いた方は「小」へ。

(注)
ピンクの部品は給水の左右によって変えますが、取り替えは簡単です。

■完了
あとは、ふたを静かに戻して、手洗金具をつなげて、
しっかり水も止まっているかチェックしてOKです。

2011年6月4日 颯美建設