リフォーム事例 : 滋賀県守山市 K様邸 階段手すり設置

概要

担当 古巣

施工の様子

■改修前

旧家によくある、急な階段。
のぼりは何とか上がっても、下りは…。
今回は、お孫さんの安全のために手すりを設置させていただくことに。
階段の手すりは特に下地をしっかりさせないと、何かあったときに大変なため、
下見を済ませ、後付けの手すりを選びました。

 

■改修後

階段の手すりは、本来両側に付けることが望ましいですが、
条件によっては難しいため、できれば下りる際の利き手側を優先に設置が、おすすめです。
K様邸は、さいわいに、下りる側に設置可能でしたので、上りは左で、下りに右です。

後付け用の受け枠をしっかり固定し、さらに手すりもビスで固定し、完成です。
階段の上がりきった踊り場にも、延長させました。

完成後、お孫さんとお友達が嬉しそうに手すりを使って、上にあがってくれました。
“ピース”もしてくれて嬉しそうでした。

2011年7月3日 颯美建設