リフォーム事例 : 滋賀県草津市 S様邸 キッチンプチリフォーム

概要

担当 古巣

施工の様子

築40年のキッチン(居間)の改修をご依頼いただきました。
お施主様のご希望で、最小限で悪いところのみをきれいに、
かつ便利に安全にというご相談を受け、今回の工事をさせていただきました。

■フローリング


40年前のこの床材はよく見かけます。
ところどころ、床のつぎ目がぶかぶかしてきて、歩きにくくなってきたため、床材をはることに。
事前に確認したところ、床下地材は丈夫だったため、この上にもう1枚補強を入れ、さらにフローリング材を貼ることに。

フローリング完成。
ダイケン「エクオスミラー」を施工しました。
※天然銘木にWPC加工とネオテク加工を加えた、ダイケン独自の高い耐久性を備えた、水にも強いフローリング材です。
もちろん、ワックスも不要な、鏡面床材です。
(→カタログはこちら

■勝手口の床

勝手口へ出る出入口床もふわふわ。
危ない状態でした。

こちらもしっかり床下を補強し、フローリングを施工。これで安心。

■水まわりの壁面

長年の汚れが洗っても取れないし、取り外すにも(1)のようにしっかり固定されていて、お施主様の悩みの種に。
(2)と(3)も、木材で黒くなっています。

(1)新しく取り外しできるラックを、お施主様と選び設置しました。
(2)黒くなった枠を上から覆い、見た目もスッキリ。
(3)昔の水まわりは、薄いベニヤ材を貼っているだけで、火にも水にも弱いため、新しくお手入れしやすいキッチンパネルを施工しました。
こちらのキッチンパネルはダイケンの製品で、表面に特殊シートを採用することで、飛び散った油が広がりにくく、はじくように浮く性能をもった、不燃材です。
色はいろいろですが、今回はステンレスのように光るシルバーを施工しました。

■コンロまわり

コンロの前に換気扇がなく、窓付タイプの換気扇がついています。
コンロの上も不燃材ではないため、かなり老朽化していました。

大きなタイプの換気扇も新しくし、コンロ横と上も下地をしっかりし、こちらもハイメンテナンスタイプを施工。

■キッチンの天井


キッチンの立ち位置の上にあった吊り戸棚もほぼ使っていない状態だったため、撤去することに。

吊り戸棚を撤去し、天井材を急遽はりました。
光りが届くようになり、明るくなりました。

今回のリフォームは、お施主様がご年配のため、
大掛かりな家具の移動や食器の移動は避け、二日間で完成しました。
お施主様も喜んで下さっていました。

2011年9月5日 颯美建設