リフォーム事例 : 滋賀県守山市 F様邸 外壁塗装工事

概要

担当 古巣
工期 約3週間

施工の様子

ヘーベルハウスにお住まいのF様邸。
約10年前に、一度外壁塗装はしておられ、今回は2度目の塗装となります。
内外ともに、定期的にメンテナンスをされており、
お住まいを大切にして下さっているお施主様です。
今回の塗装は、約3年前にも一度ご案内していましたが、
もう少し大丈夫ということで、延期されていました。
しかし、ここ最近、外壁の目地コーキングが切れてきている部分や、
変色が目立ってきたため、塗装をすることとなりました。

■改修前


写真では分かりにくいですが、実際に近くで見ると、目地の変色とヒビ、外壁のチョーキングが目立ちます。

■シャッターボックス撤去

通常、外壁塗装をする場合は、シャッターボックスは外さず、高圧洗浄をして塗装します。ですが、F様邸の場合、このシャッターボックスの中にコウモリがたくさん入ったようで、中にフンが溜まっていたため、一旦全て取って、中も掃除し、コーキングも再施工し、戻しました。

■養生、および下塗り


外周をすべて養生し、下塗りをしています。下塗り、中塗り、上塗りと工程を重ね、仕上げていきます。
養生をしている間は、お家の中は少々空気の入れ替えが出来ず、不便ですが、きれいになる為に、我慢して下さっています。

■完成

以前は、門扉、フェンス、玄関扉は黒でしたが、お客様のご希望により、パッと目立つブルーに塗装しました。
大きな道路沿いのお家なので、守山にお住まいの方ならすぐ分かると思います。

外壁の塗装の色は、お施主様とかなり悩みました。当初は、レンガのようなピンクのような色を塗る予定でしたが、変更し、外壁を薄いアイボリー、幕類は少し濃い目のアイボリーで、シャッターBOXを思い切ってオレンジ色で決めて頂きました。
外壁の塗装は、あえて艶を70%減で、マット風に仕上げています。シャッターBOXのオレンジ色と共に、お施主様も大満足頂けました。
2012年6月3日 颯美建設