リフォーム事例 : 野洲市 K様邸 外構工事

概要

担当 石村
おもな施工品 三協アルミ ひとと木2、メニーウェル
ひとと木2(三協アルミカタログより)
ひとと木2(三協アルミカタログより)

施工の様子

今までのウッドデッキは木製で長年使用されていたので、風雨にさらされ、木の状態が悪くなってきたため、人工木デッキ(三協アルミの「ひとと木2」)にリフォームします。
「ひとと木2」は天然木の温もりのある風合いを再現しつつ、耐候性・耐久性に優れ、メンテナンスが容易なデッキです。

施工前

木製デッキが劣化して足元の悪いところもありました。

赤いポストが印象的なのですが、回覧板や大きな郵便物が入らないのがお悩みでした。

庭木が成長して、手入れが大変になってきたので、思い切って撤去することになりました。

施工後

三協アルミ ひとと木2とテラス屋根メニーウェル。
明るい茶色が外壁の色とよく合います。
テラス屋根があるので洗濯物を干してもちょっとの雨なら心配ありません。

道路側から洗濯物が見にくいようについたてを設置しました。

デッキの高さを掃出し窓の高さと合わせたので、リビングとの行き来もスムーズです。

ポストは三協アルミのSBP型ポストです。
約11日分の新聞が収納できるゆとりのサイズで、大きなカタログなども入るようになりました。

樹木を撤去してスッキリしました。
通路横のスペースには黄色い砕石をまいて、明るいイメージに仕上げました。
花壇はそのまま残したので、奥様のお好きなお花を植えるスペースもたくさんあります・・・♪

2015年2月28日 颯美建設