リフォーム事例 : 滋賀県守山市 N様邸 屋根の葺き替え 外装の塗装 雨樋(あまとい)の交換

概要

担当 南出

施工の様子

■ポイント
粘土使用の日本瓦から、粘土撤去処理した平板瓦を使用。
全体的に屋根が軽くなり、施工日程が短くて済みます。
施工方法も釘止めなので、ズレ歪み、強風にも強くなり安心安全です。
景観も、スッキリスマート洋風和風の家にも合います。
外壁塗装はシリコンの微弾性を使用。今までの塗装より数段長持ちします。

■改修後

■改修の様子

(1) 粘土削除
水を含んだ状態になっていますので、雨漏れの前兆です。

(2) 谷板部分
谷板※1 に穴が空いていた為、腐食していました。
   ※1 屋根の雨漏りで以外に多いのが「谷板」の劣化による雨の進水です。
「谷板」とは、瓦を伝った雨水を排水する為の板金ですが、最近では、
酸性雨や経年劣化によって、微細な穴が開いて、そこから雨漏りします。

(3) 下地材補強
画像の矢印のところのように、野地板※2 で全体をおおう作業です。
※2 屋根の仕上げ材の下に入れる屋根の下地板の事です。

(4) 防湿シート貼りと桟打ち

(5) 瓦、荷揚げ
瓦の荷揚げ作業。
右の写真は瓦を乗せています。今や、泥ではなく、釘でとめます。

(6) 完成
屋根が軽量瓦になっているので、軽くてスッキリ清楚な佇まいになりました。
樋(とい)も交換して新しくなりました。外壁塗装も新しく塗りました。

2010年3月1日 颯美建設