新築事例 : 滋賀県守山市 M様邸 新築工事

概要

担当 古巣
工期 約3ヶ月
F&Pの家 こちらの物件は、高気密、高断熱の
「F&P工法」で造られています。

施工の様子

   

右にあるクリーム色の扉はクルム室です。
 

クルム室の中です。
クルム室とは、一坪程度のお部屋をまるごと
保冷する、家庭用保冷室です。
   

ヤマハの洗面化粧台アフェットf。

白とオレンジで明るく、かわいく、まとめました。
   

2Fの・・・部屋は良く陽が入り、暖か。
 

■工事の様子

(1) 基礎
地盤と基礎は家を建てる場合基本となる部分。
こちらのお家は表層改良を行った上で基礎工事をしました。
(2) 上棟
FP工法の特徴です。構造柱の間にFPパネルを隙間なくはめ込んでいくことで、家の強度も高まり、断熱効果も高まります。(グラスウールの2倍)

特許をもったFP遮断パネルを屋根に使うことにより太陽熱を跳ね返して家の中(ロフト)が快適に。

軸組工法で立てられています。
(3) パネル

ウレタンパネルがぎっしり入っています。
冬には暖か、夏は涼しく。
(4) 造作

旦那さまと奥様のご希望で和室にはちゃんと床間・仏間を造りました。
大工さんの丁寧な仕事ぶりが伺えます。

梁を見せたリビングの天井は、床、扉と同じ色を塗ってあります。

落ち着いたイメージの外観に仕上がりました。
外壁はクボタ松下の光セラを使っています。
光触媒が外壁材も汚れを光で分解、雨で浮かせて流します。

こちらは家庭用保冷室クルム。
部屋が冷蔵庫の役割をします。

配管部分の断熱補強と気密化を図るために、ウレタンの吹き込みと気密テープが併用されます。

ユニットバスは TOTOバスピア1616。
(5) 内装
足場が取れて、家の外観が現れました。
家の外観のポイントは壁飾りと中間水切りの白が、サッシの白とマッチ。
下の2枚の写真はリビング。梁を見せた、高い天井は開放感があり、アクセントに2面クロスの色を変えてステキに変身。
(6) 完成

外回りは将来のメンテナンス等を考え、屋根は
瓦(平板)外壁はクボタ松下ぼ光セラのサイディング。

リビングからデッキへ。

階段に明かり採りとアクセントに3つの窓を付けました。

梁、床、扉、アクセントクロスをダークブラウンで統一。

システムキッチンは対面でサンウェーブのピット、陽の良く入る場所となりました。

システムバスはTOTOバスピア1616サイズです。ノーリツの12インチの大きなTVも付いています。

上品な色合いのじゅらく壁に障子で落ち着いた和室となりました。
□■クルム室■□
クルムとは、一坪程度のお部屋をまるごと保冷する、家庭用保冷室です。

※2012年10月6日追記
現在はクルムの取り扱いを終了しております。


新鮮な野菜・お米の貯蔵にと、クルム室を設けました。
2010年3月15日 颯美建設